DRONE SHOOTING

ドローン撮影

【機材・体制】
一般的な例

● 中型機
2 オペレーション(ドローン操縦とカメラ操作の2名体制)
DJI Inspire 2 + X7 など

● 小型機
1 オペレーション(1人でドローンを操縦、カメラは前方に固定)
DJI Mavic 2 Pro 、DJI Phantom4 シリーズ など

上記オペレーターの他に、サポーター(補助者)1名 (撮影内容、法令の観点から補助者が必要無しと判断した場合のみ、補助者無しもありえます)

さらに大きな機体(大型機)も対応可能です。
中型機のカメラ性能は非常に高くなりましたが、どうしてもこのカメラを使用してドローン撮影を行いたい、という場合は大型機が必要となります。
撮影内容に合わせたオーダーメイドのような形になりますので、中型機にくらべ人件費、機材費が高額になり、準備(機材準備・テスト・状況に合わせたトレーニングなど)に時間が必要となります。
また、繊細な機材になるため、機動力・飛行可能距離・飛行可能時間などが低下することをご了承ください。

【料金】
● 1日の撮影料金
技術料・人件費(オペレーター + サポーターなど) + 機材費
(交通費・宿泊費などの経費は別となります)

基本的に上記 × 撮影日数 との考え方ですが、5日以上撮影がある場合などはご相談ください。

新規に許可申請が必要な場合、特殊な撮影などで準備に日数が必要な場合、海外などで移動に日数が必要な場合、など、別途で料金を頂く場合があります。

【法令・技術・安全管理】
法令遵守、安全優先
日本全国における国交省の包括許可取得済み(DID地区、30m以内、夜間、目視外)
第三級陸上特殊無線技士、ドローン技術認定証所持者所属

PAGE TOP